Laboratory

Hashimoto Lab.

橋本研究室

建築・都市デザイン、日常性、感覚的記述、ノーテーション                  Architectural/Urban Design, Everyday Life, Sensory Description, Notation

本研究室では、身体・建築・都市スケールを包摂したデザインリサーチをおこなっています。身体・建築・都市スケールを包摂する際に、それらの媒体である日常性、および媒介情報としての日常の移動や活動に対する多様な考察・記述から、今後の建築のあり方を探究しています。
The aim of this lab. is to explore a way of architectural/urban configuration for celebrating everyday life. While crossing the scale of the body, architecture, and the city, we focus on the notation for describing imbricated strata of ordinary/sensory activities with lived components.

Tamao Hashimoto

教員紹介

略歴

  • 東京藝術大学 美術学部建築科 卒業 美術学士 BA of Fine Arts, Tokyo University of the Arts
  • the Architectural Association School of Architecture, Intermediate Programme 卒業 AA Intermediate (BA)
  • the Architectural Association School of Architecture, Diploma Programme 修了 AA Diploma (MArch)
  • SDレビュー2013 入選 SD Review 2013
  • 住宅建築賞2020 受賞 Residential Architectural Prize 2020
  • 東京建築賞奨励賞 受賞 Tokyo Architecture Award Encouragement Prize

主な研究テーマ

Measuring the non-Measurable
イギリス・ロンドンのキングスクロス再開発地域における日常活動とデザインに関する研究
身体・建築・都市空間における日常性の記述とノーテーションの変容の考察
Main Studies:
Measuring the non-Measurable
A study on the notation of the body, architecture, and the city in everyday life

hashimoto

橋本 圭央

Lecturer/Course Leader

thashimo